« ウェザーニュースタッチ | トップページ | ターミネーター風の写真加工 »

2009年5月 2日 (土)

ぬちまーす(命の塩)

P1010680r

 「ぬちまーす」とは、沖縄の方言で「命」のことを「ぬち」、塩のことを「まーす」というそうです。生命にに必要なミネラルに着目し、ぬちまーす(命の塩)と名付けたとうです。

精製方法は、世界初の瞬間空中結晶製塩法です。
「ぬちまーす」は沖縄の美しい海水100%から世界初の瞬間空中結晶製塩法により生成されたミネラル海塩なのです。
この瞬間空中結晶製塩法とは、海水を霧状にし、水分だけを気化させる製塩法(日本、アメリカ等、9ヶ国特許取得)で、これまでの製塩法では実現することができなかった海水に含まれるミネラル21種が検出されるようになっています。その分、食塩より塩分が約25%低くなっているのです。

(むちまーすの使用例)
炊飯時にお米3合に対して小さじ1杯入れるとふっくら炊きあがるそうです。
その他にも、天ぷらや刺身、焼き肉の付け塩に、スープやおすましに、梨やリンゴ等の季節の果物にも使えるそうです。

(関連受賞)
ギネス受賞 2002年ミネラル21種類検出
      (2000年2月ミネラル含有種類世界一)
常温瞬間空中結晶製塩法 2003年中小企業庁長官奨励賞受賞
モンドセレクション 2007年最高金賞受賞

雪塩の他に、海塩というミネラルが多く含まれる塩があることを初めてしりました。
今度、この海塩をご飯に入れてふっくらとしょたご飯をいただきたいと思います。

炊きあがりが楽しみです。

|

« ウェザーニュースタッチ | トップページ | ターミネーター風の写真加工 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。