« 国内初の感染疑い!? | トップページ | 新型インフルエンザを防ぐ方法 »

2009年5月 1日 (金)

だだちゃ豆せんべい

124952759_214

 だだちゃ豆のお煎餅を初めて食べました!大粒納豆バージョンもあるよ!
 だだちゃ豆とは、数ある枝豆の中で、日本一の美味と言われるのが山形産のだだちゃ豆独特の香りと甘味があり、噛むほどに旨みが広がる絶品です、と言われています。

(名前の由来)
ちなみに「だだちゃ」とは、山形庄内地方の方言で、「おやじ」「お父さん」と言う意味ですよ!
その昔、鶴岡の殿様が大変な枝豆好きで、毎日枝豆を持ち寄らせては「今日はどこのだだちゃの枝豆か?」と訊ねた事から、だだちゃ豆と呼ばれるようになったという説は有名です。また、福島県伊達郡から豆を持ち込んで作った「伊達の茶豆」から「だだちゃ豆」に転じたという説、表面が毛で覆われているためだだちゃ豆と言われるようになったと、いろいろな説があるようです。

近年、美味しい枝豆として全国的に有名になった「だだちゃ豆」は、江戸時代より代々冬の農閑期の作業として一粒一粒、厳しいまでの種子選抜・淘汰を繰り返し最良の品種として守り継がれてきた「在来種」で、山形県鶴岡市のごく一部の地域で、短い一時期しか生産されない貴重な枝豆です。
 特徴はさやの表面が茶色の毛で覆われくびれが深く、普通の枝豆が一つのさやに三つ入りなのに対して、だだちゃ豆は二つ入りが基本でふっくらとしています。見た目はあまり良くありませんが、ゆで上がるころから家中に甘い香りが漂い、豆の歯触り、香り、甘味は格別で一度食べたら病みつきになります。

上側のフォトは、そのだだちゃ豆で作ったお煎餅です。
三種類あり、上のがみそ味で、左下のがサラダ味で、右下のがしょうゆ味だよ!
わかぴんは、みそ味の煎餅が美味しかったです!
下側のフォトは、だだちゃ豆の実物です。

 仙台では、ずんだ餅が有名です。これにもだだちゃ豆が使われることがあります。
 ずんだ(づんだとも表記)は、大豆(枝豆)をすりつぶして作る緑色の餡である。「ヌタ」「じんだん」「じんだ」とも呼ばれ、だだちゃ豆やそら豆を原料とする場合もある。南東北の宮城県・山形県・福島県の郷土料理であり、ずんだ餅として食べることが多いものです。
 現在では、仙台経済圏での「ずんだ」の名称の訴求力も手伝って、枝豆ペーストを利用したものは全て「ずんだ」と呼ばれるようになってきています。結果、ずんだスイーツ、あるいは、塩味のスナック菓子や料理にも使われ、ひとつの料理のジャンルと化してきている。

|

« 国内初の感染疑い!? | トップページ | 新型インフルエンザを防ぐ方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。