« 豚インフルエンザ | トップページ | ハイG洗顔石けん »

2009年4月25日 (土)

豚インフルエンザ対策強化

P1010646r

 米国とメキシコで豚インフルエンザへの集団感染が起きたとみられる問題で、世界保健機関(WHO)は24日、両国の患者から採取されたウイルスの遺伝子構造が一致したことを明らかにした。ロイター通信が伝えた。両国での流行が関連したものであることを示唆するもので、WHOは、感染拡大への懸念を強めている。また、米疾病対策センター(CDC)は同日、米国内での感染は、H1N1型の豚インフルエンザで、人から人への感染と断定した。
 WHOやメキシコ政府によると、メキシコ国内で豚インフルエンザが原因で死亡したと確認されたのは同日までに20人、豚インフルエンザで死亡した疑いがある人は48人の計68人、感染者数は1004人に上ったとしている。
 また、米カリフォルニア州で1人増えて6人、テキサス州で2人の計8人が感染した。
 WHO報道官はロイター通信に、メキシコ人患者から採取した18人のウイルス中12人分が米国のウイルスと同じ遺伝子構造だったと語った。WHOは25日にも、インフルエンザ対策のための緊急委員会を招集する。
 AP通信によると、米国で見つかったのは、人と鳥、豚のインフルエンザ・ウイルスが混ざった遺伝子構造を持つ新たなタイプ。
また、メキシコのコルドバ保健相は24日記者会見し、同国で発生しているインフルエンザのウイルスは 、豚が起源のH1N1型であると発表した。
 H1N1型は米カリフォルニア州などで確認された豚インフルエンザと同じ型。
 同保健相は「米国もメキシコも豚と接触して感染したのではなく、人から人へ感染した」と説明している。


 日本の空港でもメキシコから帰国している乗客の感染防止の強化対策が始まったそうです。
帰国時の検査で熱監視カメラで体温の発熱を監視しているようです。

 日本の政府は25日午前、米国とメキシコで豚インフルエンザが人に感染したことを受け、WHOが人から人への感染と新型ウイルスが確認された場合に出す「フェーズ4」を宣言した場合は、麻生太郎首相を本部長とする対策本部を設置することを決めた。河村建夫官房長官が明らかにした。

 また、政府は同日午前、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。同日午後には全省庁課長級会議を開催し、政府としての対応を協議する。

皆さん、注意しましょうね。

追伸:
 厚生労働省は25日、国際空港などにある検疫所に対し、豚インフルエンザによる多数の死者が出ているメキシコからの入国者について、発熱を感知するサーモグラフィー検査など検疫を強化するよう要請。メキシコと米国への出国者に対しても、マスク着用や手洗い、うがいなど注意喚起を求めたチラシの配布を始めた。

 成田空港検疫所では、サーモグラフィー検査をメキシコ便の乗客に限り、降機直後に実施した。赤外線で体表面の温度を測るもので、25日夕、日本航空機が到着すると、検疫官が真剣な表情で画面をチェックした。

追伸2:
 メキシコのコルドバ保健相は25日、同国で発生している豚インフルエンザの状況について発表、同日までの感染者数は1324人で、死者数は81人に達したと明らかにした。死亡者のうち死因が豚インフルエンザと確定した人数は20人で前日と変わらない。

 また、もっとも感染が広がっているメキシコ市・州、中部サンルイスポトシ州の学校は、5月6日に再開する方針を発表した。メキシコ市などの学校は24日から休校している。

|

« 豚インフルエンザ | トップページ | ハイG洗顔石けん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。