« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月11日 (月)

瑞鳳殿七夕ナイト

P1000781r
初めて、瑞鳳殿七夕に行きました。
ホームページは、http://www.zuihoden.com/です。

毎年、瑞鳳殿七夕は開催されていたそうです。(今回で5回目だそうです。)
涅槃門前と拝殿には職員手作りの伝統七夕七つ道具が飾られ、
夜は本殿(瑞鳳殿・感仙殿・善応殿)のライトアップのほか、1200本の灯篭が境内を彩ります。
また二三代前広場では、連日「森のコンサート」が行われていました。

瑞鳳殿までは、仙台の観光バスである「るーぷる号」が特別便でシャトル運転されました。(初めて乗ってみました。)

ここは、伊達政宗の御廊である瑞鳳殿。伝統的な仙台七夕飾りと、経ヶ峯の歴史的文化遺産をライトアップし瑞鳳殿ならではの七夕が演出されていました。

伝統七夕飾り、参道七夕キャンドル、森のコンサート、涅槃門ライトアップ、本殿のライトアップなど、幻想的な瑞鳳殿が演出されていました。

(注釈)瑞鳳殿は、1636( 寛永13)年、70歳で生涯を閉じた伊達政宗公の遺命により、その翌年ここ経ケ峯に造営された霊屋(おたまや)です。桃山様式の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、国宝に指定されましたが、1945(昭和20)年の戦災で惜しくも焼失しました。現在の建物は1979(昭和54)年に再建されたものです。2001(平成13)年には改修が行われ、柱には彫刻獅子頭を、屋根には竜頭瓦を復元し、創建当時の姿が甦りました。

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

仙台七夕祭り

P1000675r
今年も仙台七夕祭りに季節がやって来ました。

快晴で、猛暑の中、汗だくになりながら記念撮影を敢行しました。
仙台に居ながら初めて全ての吹き流しが飾られている通りを頑張って歩きました。

仙台七夕まつりの特徴といえば、やはり毎年新に手作りされる豪華絢爛な笹飾りです。
 祭り前の8月4日早朝、各商店街では長さ10メートル以上の巨大な竹を山から切り出し、小枝をはらい、飾りつけの準備を行います。
 飾りは各個店の皆さんが数カ月前から手作りで準備し、一本の価格は数十万〜数百万円もするといわれています。吹流し5本1セットで飾るのが仙台七夕の習わしとなっています。
 飾りの内容は当日まで企業秘密となっており、8月6日の朝8時頃から飾り付けが行われ、その豪華さを競い合います。
 各商店街毎に飾り付け審査が行われ、8月6日午後には金、銀、銅の各賞が発表されます(飾りの根本に金、銀、銅の各賞のプレートがつけられます)。
 晴天のもと幾重にも重なり風にたなびく繊細な和紙飾り。その姿はまさに絶景といえるでしょう。
 ただし、七夕の敵は雨。一旦、雨が降り出すともうそこは戦場。各個店の方が折角の飾りを濡らすまいと大慌てでビニール袋に飾りをしまいます。
 祭り期間中、大勢の人で賑わうのは、やはり中心部の中央、東一番丁、駅前の各通り。しかし、周辺部のあまり豪華さは目立たないものの、昔なつかしい素朴な七夕飾りもなかなか乙なものですよ!

後日、アルバムに残りの写真をアップします。
どうぞ、ご堪能ください。

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

七夕祭り限定品

P1000567r
日本人は、「限定品」とつく商品には手がでて本能的に買いたくなりますよね!

来週の8月5日から8日までの期間は、仙台七夕祭りです。

5日が前夜祭で花火大会が開催されます。
仙台七夕祭りは雨の確率が高いというジンクスがあります。
でも、天気がよくて、多少は風が吹いて涼しい一日なってくれればいいかなと祈っています。

今日アップルストアに立ち寄ったら、iPodtouchとnano専用の仙台七夕祭り限定の2種類のケースが発売されていました。

先日の5月連休の仙台限定の伊達政宗のケースは買い逃しましたが、今回の限定ケースは運良く購入できました。
全国で七夕祭り限定品は仙台だけだそうです。個数は、400個生産されているそうです。

色鮮やかで、七夕祭りにふさわしいカラーで気に入りました。

観光客で欲しい方もいるかもしれませんね?

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »