« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

新鮮まぐろ

Dvc00335
今、GW中実家に帰省しています。
久しぶりの日記アップです。すみません。

先週末にまぐろフェスティバルが地元でありました。
露店の他に、かわいいマスコットと海上保安庁の船がありました。
また、SASUKEのアトラクションもやっていました。(有名な常連の人がいました。)

ちょうど昼食どきだったので、新鮮マグロのラーメンを食べました。
初めての経験で、まぐろラーメンにはワサビを入れて食べるみたいで、ワサビが付いてきました。

なんとまぐろラーメンを食べて、さらにワサビをいれたラーメンなんてどうかなと思って一口食べました。
なんと美味しいのでしょう!イケると感じました。

お腹が空いていたので、スープまでぺろりと飲みほしました。
ああ満足でした。

そのあと、まぐろの串焼きも美味しかったです。
帰りに、冷凍新鮮まぐろ、ポンカン入りギョウザ、薩摩揚げ、山菜おこわを買って帰りました。そうそう、海上保安庁の船には内部公開できたのでじっくり観てきました。マスコットは、船と一緒に記念撮影でるみたいで子供たちが船長服を着て撮っていました。

ワサビ付きまぐろラーメンは、お薦めです。

| | コメント (1)

2008年4月12日 (土)

ケヤキ並木伐採

P1000269r
仙台にも地下鉄があります。
現在は、南北線が仙台駅を中心に南北に走っています。
今年から仙台の東西線地下鉄の工事が始まることになり、一部地下工事が始まっています。

そのため仙台の風景や施設が解体、移設されることになりました。
中でも、青葉通りのケヤキ47本が地下鉄工事のために伐採されます。
仙台の景観が寂しくなります。

市民団体のどうしてもケヤキを残したいという要望から、27本は別の場所に移植することになりました。できれば、すべて移植してほしかったですね。

写真は、ケヤキが道路の真ん中にまだ一部残っているところと、伐採されてガードレールと街灯に変わってしまったところの状態です。(道路中心の分離帯のケヤキなない写真のみけいさい。)

クリスマスシーズンには、光のページェントのときに白色LEDが飾られて仙台名物がこの通りではできなくなり寂しくなります。残念です。

地下鉄ができれば、地下鉄駅近辺の大学の大学生にはいい交通手段になります。結果として、通学時のバスの混雑や積雪による交通渋滞が緩和されます。

地球温暖化防止のために、植物は大切です。できれば、自然と近代化がうまく共存できる交通システム作りを提案して実施してほしいですね。

| | コメント (0)

10周年記念アルバム

P1000265r
予約してあゆの10周年記念アルバムを2枚購入しちゃいました。
やはり、限定版の縦長ケースでDVD付きにしました。
2枚の中身の差は、1曲だけ違うだけでした。
ジャケットは上半身の正面向きと横向きの違いになっています。

HMVのゴールドポイントで購入したので、ほとんどタダでした。

予約だったのでポスターが2枚もついていました。
左耳が聞こえない病気になっても人気はNo.1ですね。

10周年記念コンサートツアーもすでに始まっており、チケットがあっという間に売れきれて、追加公演が決まっていますね。

今回のアルバムのジャケット写真はなんと、手ぶらでセクシー系に仕上がっています。初めての試みだそうです。20代最後の記念なのかな?
あゆは、何をやっても可愛いし、綺麗ですね。

早速、アルバム曲とビデオクリップをiPodtouchにコピーしました。
曲もいいし、ビデオもよくできていて感動しています。
歌詞も一緒に入れるソフトがあるので、曲を聴きながら歌詞も覚えようと思っています。

今日は、一日中あゆの曲を聴いて、ビデオを聴いて、の繰り返しで、至福の一日を過ごしました。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

HEROES

P1000262r
キムタクのヒーローズではありません。
アメリカのメガヒットTV番組です。あの「24」や「LOST」を超えた人気番組だそうです。
今、私のマイブームです。

内容は、以下の通りです。(ホームページから引用しました。)
「HEROES/ヒーローズ」は、2006年9月25日から「ER 緊急救命室」「ザ・ホワイトハウス」「フレンズ」と同じ全米NBCネットワークで“月9枠(月曜夜9時)”に放送され、2006年の新番組中ナンバーワンの全米視聴率を獲得(NBCにとっても新番組の第1話の視聴率としてはこの5年間で最高の数字に)。特に2007年1月22日、初めて裏番組「24」と放送が重なった日も、「24」を上回る視聴率(視聴者数)を獲得し、5月21日のシーズン最終回対決では、「24」に圧勝!今や話題性では「24」「プリズン・ブレイク」「LOST」「デスパレートな妻たち」と並ぶ、最新の全米大ヒット・ドラマが「HEROES/ヒーローズ」だ。2007年1月のゴールデングローブ賞ではTVシリーズ/ドラマ部門の最優秀作品賞にノミネートされ、全米の視聴者が投票するピープルズ・チョイス・アワードでは最も好きな新ドラマ部門最優秀作品賞を受賞!

 
ストーリーは、「24」「LOST」「プリズン・ブレイク」のように限定された空間・地域にとどまらず、日本の東京をも含む世界各地という壮大なスケールで展開していく。

 
ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。人類を救うためか、それとも只のいたずらか。そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……!?  世界的なスケールと各登場人物の深い内面描写を同時にあわせもった空前絶後のストーリーに加え、ヒーローたちが飛び込む冒険や彼らの人間らしいプライベートもクローズアップ。米国生まれのヒーローというと「スパイダーマン」「スーパーマン」「バットマン」を思い出すファンも多いだろうが、ここには、スーパーパワーはあっても奇抜なコスチュームに身を包んだり奇想天外な武器を持った、コミックのようなヒーローはいない。思いも寄らない運命に巻き込まれ戸惑いつつも、自分の道を切り拓いて行く、まさに愛すべき登場人物たちが奮闘し、そこが大きな感動と興奮を呼ぶ。

私自身、「24」にハマっています。でもこれも特殊能力の話でストーリーが面白いです。登場人物も多種多様で現実にいるかのような錯覚に陥りますね。(笑)
DVD BOX-1は発売されています。続きのDVD BOX-2は5月15日発売です。

是非、興味ある方は観賞してみてはどうですか?
レンタルも開始されていると思います。

| | コメント (3)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »